サイトを自社で制作するデメリット

ITスキルが低い従業員が担当するとサイト運営に支障が出ることも

サイト制作を自社で行う場合には、プロの業者に依頼をする場合と比べてコストを節約できる傾向があります。一方で、ITスキルが不十分な従業員が作業を担当する場合には、サイト運営時に様々なトラブルが起こることもあるため注意が必要です。そこで、サイト制作後のトラブルを防ぐには、初心者でも簡単にウェブサイトのデザインやレイアウトの設定、コンテンツ制作などができるフリーソフトを利用するのもおすすめです。こうしたソフトの中には、オンライン上ですぐにダウンロードできるものや、操作方法をすぐに覚えられるものも少なくありません。そのため、できる限り外部の業者に頼らずにサイト制作をするうえで、じっくりと使い勝手が良いソフトを探してみましょう。

訪問者が求める情報やコンテンツを発信できないこともある

自社内でIT部門以外の従業員が本来の業務の合間にサイト制作を行う際は、会社概要や事業内容だけでなく、多くの顧客や取引先が求めている商品やサービスの特徴を上手く伝えられるよう心がけることが大切です。たとえば、初めてビジネス向けのサイト制作をする際は、サイトに訪問をした人が求める情報やコンテンツを選択するのに時間が掛かることもあります。そこで、スムーズにウェブ制作の作業に取り掛かるために、余裕をもって各部署の責任者同士で話をしたり、社内でヒアリングやアンケートを行ったりすることが大事です。その他、動画やSNSなど様々なネットユーザーから注目されやすいコンテンツの種類について情報収集をしておくのも良いでしょう。